アトピーの方は脱毛サロンの確認事項を入念にチェックしておこう

 
私は現在、アトピー性皮膚炎の治療を行っています。

 

専門医のもと薬をもらい、いわゆるステロイド剤を使用し治療していますが、この病気はいったんなってしまうと、完治するということがまずありません。医師からは一生付き合っていくべき病気だと言われましたので、長い目で見ないといけないかなと思っています。

 

さて、そんなアトピー性皮膚炎を発症している私でもムダ毛は気になるものなので、できれば脱毛をしたいと思っているのですが、脱毛とアトピーというのは真逆の位置にあるような気がしてなりません。

 

一概にアトピー症状が出ている場合、カミソリなどでムダ毛を処理すると、必ず肌荒れを起こしたりしますが、こんな私でも大丈夫なのでしょうか。

医師の許可があれば脱毛できます

 

アトピー性皮膚炎というのは症状が発生する箇所も人によって全然違いますし、部位も違います。ですからアトピーの方がエステで脱毛を行うには医師の同意書が必要になります。脱毛をすると肌荒れが発生してしまうため、悪化を防ぐために医師による同意書が必要な場合もあります。

 

しかし、アトピーの症状がひどかったり、脱毛しようとしている箇所が傷ついていたりすると脱毛ができないので注意してください。これはアトピーの方にかぎりません。一般の方であっても、脱毛する部位の肌が傷ついているなどの症状があれば脱毛はできないのです。

契約前の確認事項

アトピー性皮膚炎を患っている人は、脱毛前の確認事項を入念にチェックしておくことが重要です。同意書や診断書の提出が必要かどうかをまず確認し、契約前には主治医に脱毛してよいかどうかを相談して、その時点の肌にとって脱毛をしてもよいかどうかを確認しましょう。脱毛してもよいということになっても、ステロイド剤などの使用は避けてください。理由としては、「フラッシュ脱毛」を行ったさい、ステロイド剤が反応して、かえって症状を悪化させてしまう可能性があるからです。一番よいのはアトピ症状がある程度治まってから脱毛へ行くことです。あきらめずに治療をしつづけなければならないのがアトピーの辛いところですが、長期的な視点で治療をしつつ、脱毛をしていきましょう。